お知らせ:第二回藝文東京ビエンナーレ開催中~2018/11/25日迄

第二回 藝文東京ビエンナーレ 開催しました。

今回のテーマ 往復小説 です。

閲覧用のファイルで読めます。

往復小説から着想した書簡に小説を封入。

是非お持ち帰り下さい!!

封書の隅に書かれた番号

#1「葉書(旧:秋)」・#2「ちいさな嘘」です。

松里鳳煌氏に展示協力を頂きました。

第二回藝文東京ビエンナーレのMASATOのコーナー

藝文東京ビエンナーレ11/19より開催

新作は間に合いませんでした。

会場ではここでも掲載の 往復小説 を展示します。

往復小説 から着想しある展示方法にて。

一つ一つお手製で用意しました。

もし気に入って頂けたらお持ち帰り頂ければ嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

往復小説#3-2:MSATO>鳳煌:ちいさな嘘

 6月下旬の新宿は、雨と埃と微かな夏の匂いがする。

 地下鉄を降りて、地上への階段を上がったとき、そんな事を思ったので、隣を歩く彼女に話してみた。
新宿は香水と排ガスと酒の匂いしか感じないねえ。彼女は少し赤らんだ顔で陽気に言う。それほとんど自分の匂いじゃん。僕らは笑いながら夜の新宿を歩いていた。 続きを読む 往復小説#3-2:MSATO>鳳煌:ちいさな嘘

往復小説#1-2:MASATO>鳳煌:葉書

「秋もすっかり深まってきましたね」

隣の席に座る御老人がマフラーを巻きながら話しかけてきた。

そうですね、と牧野は相槌を打ちながら窓の外を見る。赤黄色に染まり上がったモミジが、闇夜に揺らめいていた。

「気がつけばもう11月も終わりか」

独り言のように呟いた。

続きを読む 往復小説#1-2:MASATO>鳳煌:葉書